わかりやすく解説!【5G】エリア展開・価格・危険性・健康問題まで調べてみた【何ができる?何が変わる?】

ここ数年、ドコモ・au・ソフトバンクといった大手通信キャリアがこぞって宣伝している【5G】。皆さんも至る所で耳にしていると思います。2020年にケータイ通信事業に本格参入した楽天の【5G】料金プランについて先日、公式発表がありました。

いよいよ本格的に5Gについて知っとかなきゃマズい、世の中そんな空気です。

そもそも【5G】で何ができるようになるのか?4G(LTE)と何が変わるのか?まだまだイメージがついていないことも多いです。私は地方に住んでいますので、5Gによって我々田舎民のQOL(クオリティーオブライフ)がどう変わるのかも気になります。そこで、5Gについて色々と調べてみました。

この記事ではその結果わかった、【5Gの基本】から【使えるエリア】や【考えうる問題点】についても少し突っ込んでお伝えいたします。

私たちの生活のすぐそばまで来ている【5G】の基礎知識だけでも知っていると何かと美味しい思いができるはず!!・・・ですので、今日も最後までよろしくお願いします。

目次

  1. そもそも5Gとは?
  2. 4Gより100倍通信速度が速い 「高速大容量通信」
  3. ネットワークの遅れが小さい 「低遅延」
  4. 多数の機器を同時に接続できる 「多数同時接続」
  5. 5Gで何が変わる?何ができる?
  6. 〇〇Gのキラーコンテンツ史を紐解く
  7. IoTとローカル5G
  8. 危険性やデメリットは?
  9. 価格について
  10. まとめ

 

そもそも5Gとは?

そもそも、5Gとはなんでしょうか?

結論から言うと【第5世代移動通信規格】のことです。英語の5th Generation(フィフスジェネレーション)を略して5Gと呼んでいます。

この答えだけでは味気ないですね。笑

5Gとは何か?手っ取り早く概要を掴むには、これまでの1Gから現在普及している4Gまでの歴史を紐解いてみるのが良いです。無線の通信は10年ごとに新規格に移行しており、その度に通信によってできることが増え、変遷することによって下記の通り、社会が大きく変わってきました。

  • 1G → 通信方式はアナログ、音声通話のみ
  • 2G → 通信方式がデジタルになり、携帯端末でインターネットが初めて利用可能になった
  • 3G → データ通信が高速化、スマートフォンが普及
  • 4G → データ通信が主、音声が従の関係になり、画像データを介したSNSが拡大
  • Gが進むにつれてどんどんできることが増えていることが分かります。

    特に【人と人のつながり】に着目すると、最初は音声だけだったのがテキスト、画像、そして動画と伝える媒体を増やしながらいつでもどこでも繋がることができるようになり、コミュニケーション自体が進化しているように思えます。

    そして、現在普及している4G(4th Generation)の次の世代の通信方式は5Gです。これまでにない新たな特徴は3つです。

    ✔︎ 4Gより100倍通信速度が速い 「高速大容量通信」
    ✔︎ ネットワークの遅れが小さい 「低遅延」
    ✔︎ 多数の機器を同時に接続できる 「多数同時接続」

    それぞれ、解説していきましょう。

     

    1.4Gより100倍通信速度が速い 「高速大容量通信」

    ✔︎ 最大速度は 4G 1Gbps → 5G 20Gbps にスピードUP
    ✔︎ 通常時でも1Gbps程度の通信が可能
    ✔︎ 4Gで5分かかっていた映画のダウンロードが3秒で終わる計算

    とにかく、通信速度がグッと速くなります。場合によっては現在の自宅でのインターネット環境よりも余裕で速くなるかもしれません。

    2.ネットワークの遅れが小さい 「低遅延」

    ✔︎ 通信の遅延 4G 10ミリ秒未満 → 5Gでは1ミリ秒

    例えば、FPS(ファーストパーソン・シューティングゲーム)のようなゲームでは遅延がゲーム性に直結します。ノロノロとした通信だと相手に簡単に撃たれてしまうのです。現状では屋外のネット環境だとこれらのゲームは十分満喫でき無いため、自宅の光回線など整ったネット環境でプレイするのが普通です。しかし、低遅延がウリの5Gなら、屋外でも場所を問わずにバリバリゲームを楽しめます。

     

    3.多数の機器を同時に接続できる 「多数同時接続」 

    ✔︎ 1平方キロメートルあたり接続可能な端末数 4g 最大1万台 → 5G では100万台

    5Gの普及によって劇的に世の中が変わるとしたら、この「多数同時接続」 によるところが大きいはずです。今までは4Gの電波を使うのはスマホ端末がメインでしたがこれだけ多くの端末が繋がるということは、家電、産業用ロボット、自動車などなど、今はまだインターネットにつながっていない様々なモノがインターネットにつながって、今までにない機能やサービスを与えてくれます。これをモノのインターネット【IoT】と呼んでいます。5GとIoTはワンセットですので、5Gが加速するとIoTもさらに加速していくものと思われます。


    これまで見てきた「高速大容量通信」「低遅延」 「多数同時接続」によって社会に具体的に何がもたらされるか?何が一番インパクトがあるのか?それは、まだ明確には分からない、というのが今の状況です。

    ・・・でも、思い出してみてください。iPhoneが初めて世に出た時には『世界が変わる』と主張するスティーブ・ジョブズに対して世間はなかなか理解を示せませんでした。

    携帯画面がカラーになったときにも、それって意味あるの?と嘲笑されたし、4G(LTE)導入時に大手キャリアがこれでもかと流していたCMには意味も分からず辟易したりしていました。ですが、どうでしょう?それら全てが今となっては生活に欠かせないものになりました。

    5Gの導入もおそらく同じで、何年か後には、無くてはならない物になっているのは間違いありません。想像力を掻き立てながらワクワクして待つというのが今できる5Gへの向き合い方でしょう。

     

    5Gで何が変わる?何ができる?

    「高速大容量通信」「低遅延」 「多数同時接続」によって社会に何がもたらされるのか、上記の通り今はまだ確たる答えを知るすべはありません。それでもこの大きなビジネスチャンスに多くの業界・企業が乗っかろうとしています。

    どんなご馳走があるかまだ誰にも分からないが、とりあえずみんなその美味しそうな匂いのする方向に向かって全力で走り出している、と例えればしっくりくるかもしれません。

    これまでの 1Gから4Gは世代が変わるたびに通信が高速化、大容量化が進んできました。上記のように【 人 vs 人 】のコミュニケーションに大きな恩恵をもたらしました。過去の通信規格においてどんな『キラーコンテンツ』が生まれてきたかを振り返ってみましょう。

    〇〇Gのキラーコンテンツ史を紐解く

  • 2G → iモード、ezweb 手のひらサイズでインターネットを持ち歩く
  • 3G → iPhone、twitter テキストベースでコミュニケーションが発展
  • 4G → instagramなどSNS全般 画像ベースでのコミュニケーションが発展
  • 「高速大容量通信」が強化されていくと言う観点で5Gがもたらす効果を考えてみると、まず最初に動画コンテンツを手軽に持ち歩けることによるコミュニケーションの広がりが加速していくでしょう。

    高速大容量通信がもたらすもの

    今はyoutubeやnetflixのような動画コンテンツはwifi環境でないと十分に満喫することは厳しいですね。5Gでは場所や通信容量の制約なく活用できるようになり、これを介したコミュニケーションが加速します。

    ネットを介したライブ中継が5Gでグッと身近なものとなるのは間違いなく、24時間ライブ中継しっぱなしがデフォルトでコミュニケーションをとるようなアプリが流行るかもしれませんね。

    しかもその画質は4Kや8K。大画面でも肉眼で現物との識別ができなくなるくらいの解像度です。スポーツ中継やゲームにも相性がいいと思われます。

    また、動画コンテンツが強化されていく延長線上には仮想現実、拡張現実と呼ばれるバーチャル世界でのコミュニケーションがあります。すでにFacebookはVRヘッドセットを使って没入した仮想世界でソーシャルネットワークを楽しむバーチャルなSNS、ホライズン を発表しています。

    これらが発展していくと、2Gにおけるガラケー、3Gにおけるスマホのような立場として天下を取るキラーデバイスはヘッドセットやメガネ型端末が有力視されます。

    次世代の【 人 vs 人 】は仮想空間の中でのコミュ力を磨かないといけないのかもしれませんね。

    「低遅延」 「多数同時接続」がもたらすもの

    「高速大容量通信」がもたらす恩恵は過去を振り返ってみると想像がつきましたが、「低遅延」 「多数同時接続」に関しては【 人 vs 人 】の枠を超えて、【 人 vs 機械 】さらには【 機械 vs 機械 】の繋がりを加速するはずです。

    • 遠隔操作による医療行為
    • 産業用重機の複数台操作

    今までの通信ではタイムラグが命取りになるようなリスクがある物事には対応できていませんでした。しかし、5Gではこれらのタイムラグが解消されるので主に産業用途で生産性が劇的に向上するような使い方が編み出されると思われます。

    IoTとローカル5G

    さらに、「多数同時接続」においては1平方キロメートルあたり100万台の端末と接続できるという性質を意味していて、これは人が保有するケータイ端末だけでなく、ありとあらゆるモノとインターネットとが繋がることを意味します。

    IoTと呼ばれるモノのインターネットが加速し、センサーと機械が直接繋がることで離れた場所にある機械同士が人の手を介さずに自動で連動して動くようなことも考えられます。

    • 自家用車の自動運転
    • 工場のスマート化

    また、総務省は通信会社が汎用的に提供する通信サービス網とは別の周波数帯域を通信業者以外の事業者に割り当てて個別のニーズに特化したエリア限定の5Gネットワークを構築できる『ローカル5G』なる仕組みも検討しているそうです。

    例えば汎用のキャリア回線を使うと混雑して繋がりにくくなってしまうスポーツスタジアムやコンサート会場などでその場所でしか利用できない付加価値の高いコンテンツを提供したり、工場内や事業所の中でリアルタイム性が必要な遠隔操作を遅延ない閉じた環境で数百台同時に繋げたいなど、これまでの常識では考えられなかった用途が業種の数だけ編み出されることでしょう。

    うまく5Gを使いこなせれば人手不足や少子高齢化が叫ばれている社会全体の生産性が爆上げすることは間違いないのです。

    気になるエリア整備について

    残念ながら、通信事業各社の5Gを使えるエリアはまだまだ整備されておらず、全国にくまなく電波が届くには5年ほどかかりそうです。

    日本中の土地を10km×10kmのマス目で区切ったら4500くらいのマスができるけど、マスに1個、大きな基地局(親となる基地局)を立てるのに5年で何マス埋められますか?という総務省の問いに対して、ドコモは97%と回答してます。

    5年で97%カバーというのが1つの目安になりそうです。

    ただ、この大きな基地局だけでは10km×10kmの範囲の通信をカバーすることはできなくて、メッシュの中にたくさんの小さな基地局(子となる基地局)が必要になります。くまなく日本中に5Gが届くには間違いなく5年以上はかかりそうです。

    それでも、朗報もあります。

    世界的に見ると4Gが普及した速度よりも急なスピードで拡大していくという予測もみられています。

    横軸が時間でグラフのオレンジ色が5G、緑色が4Gの普及を示しています。4Gの時の普及速度よりも格段に早くなっています。今後のエリア拡大を期待したいものです。

    昔の通信ネットワーク機器は特定のベンダーが提供する専用のサーバー・ソフトウェアが必要でしたのでコストも高く、メンテナンス性も悪かったのですが、近年は他の用途にも使うような汎用のサーバーに汎用のソフトを載せてネットワークを構成しようとするNFVという方式が取られています。こう例えてみましょう・・・

    • 高級店で長年継ぎ足しで守ってきた秘伝のソース
    • 調味料メーカーが研究開発した汎用のソース

    前者はわざわざお店に出向き、高いお金を払って食べなければなりません。もちろん美味しいのは当たり前です。でも、後者はスーパーやコンビニなどで簡単に手に入りつつ、味も十分美味しい。これを通信ネットワークに置き換えた、それがNFVです。

    つまり、技術の進歩によって早い、安い、汎用性がありながらも高品質な通信ネットワークを作れるようになった、ということです。

    各社ともこのNFV方式を取り入れていますが、特に新規参入の楽天モバイルは4Gも含めて全ての通信ネットワークをNFVで賄う方針です。5Gのエリア拡大もスピーディに進むことが期待されます。楽天以外は古い方式の既存の基地局のケアもしながら5Gを拡大させていくことが必要になるので、もしかすると5Gのエリア一番充実するのが速いのは楽天!?ってこともあるかもしれませんね。

    危険性やデメリットは?

    ここまでの話では5Gのメリットばかりをお伝えしてきましたが、デメリットは何かないのでしょうか?

    現在考えられている問題として

    • セキュリティー
    • 健康問題

    がよく取り上げられています。

    セキュリティー問題

    10平方メートルあたりに100万台の機器が接続可能という「多数同時接続」のメリットは裏を返すとデメリットにもなります。それだけの数の機器がインターネットに繋がるということは悪意を持った侵入者に悪用されるリスクも跳ね上がるということになります。1つ1つに十分なセキュリティーを施して悪意ある操作を遮断するのに莫大なコストがかかるのは想像に難くないですね。

    情報漏洩などによる深刻な問題を産んでしまうきっかけになりそうです。ただし、もう一歩踏み込んで考えてみると、5Gのセキュリティー問題は次なるビッグビジネスを生むきっかけになりそうです。

     

    健康問題

    電磁波を人体に浴びせ続けることについて腫瘍化などのよくない影響があるのではないか?という話は50年以上前から議論され続けてきた問題です。

    5Gによる健康被害について、今のところ明確な答えは出ておらず、推進論者と反対論者の立場によって見解が異なっています。国によっても見解はまちまちで、導入に積極的な国もあれば消極的な国もあります。ヨーロッパでは5G反対のデモも起きています。

    そんな中で日本の立場は前者です。日本の各通信会社は巨額の広告費をマスメディアに落としています。ですので、通信会社にとって都合の悪い報道をメディアで行うのは難しく、5Gの健康被害についても問題が黙殺されてしまうのでは無いかと言う懸念もあります。

    そういった経緯もあり、感情論に陥りやすいテーマですので科学的な事実を整理することが必要です。

    まず前提として、携帯電話などで用いられている電波は、同じ電磁波の中でもX線などで用いる放射線(電離放射線)よりも周波数が低く、遺伝子を傷つけることのない『非電離放射線』です。

    また、携帯電話では100kHz以上の高い周波数が用いられていることから、人体に発熱の影響を与える可能性がありますが、携帯電話端末や基地局から発せられる電波は、長時間浴びても人体に影響を与えないよう、一定の基準値を超えない設計がなされています。

    今のところ危険だという確たる事実が無い現状では不安視しすぎなくても良いだろうと私は思います。かれこれ50年間、電子レンジの健康問題で死んだという人は聞いたことないです。ただ、正しく恐れ、判断できるように最新の科学的知見について関心を持っておくことは忘れないようにしたいですね。

     

    価格について

    youtube より

    現在発表されている5Gの価格は上記の通りです。これが最も簡潔にまとまっていると思います。Abemaのアベプラという番組ですので、詳しく観てみたい方は下記からご視聴ください。

    ちなみにこの番組では楽天の通信品質に関してはまだ使い物にならないというようなスタンスで放送しており、不利な印象を抱かせるような説明になっている気がします。他のTVやネットなどのメディア媒体も楽天の携帯事業に関しては風当たりの強い報道ばかりです。

    菅内閣の目玉政策として話題になっているケータイ料金値下げに関しても、既存3社を擁護するようなスタンスの報道や記事が多いです。そりゃ、メディアに対して多額の広告料を払っているドコモ・AU・ソフトバンクの3社にとって都合が悪くなるような報道・記事は立場上、やりにくいんでしょうね。

    そんな中、上記動画で夏野さんがまとめたこの一言が全てだと思います。

    通信の世界は面白くて、テクノロジーワードとイメージと、そして料金が複雑に絡み合っている。本当に自分がどういうサービスを使いたいか、どういう端末が自分に合っているかなんて考えてケータイ会社選ばないですよね?・・・だから儲かるんですよ!!

    iモードを作った人が言うと説得力あるぅ・・・笑

    賢い消費者でいたいなら消費行動に対していちいち色々考える、そういうクセをつけた方が長期的に得だと思います。マスメディアでなくとも、実際に使ってみたユーザーの生の声を一市民が発信できる時代です。

    賛成派、反対派、どちらの発信も比較できます。まさにネットの恩恵です。


    この人は賛成派

    楽天モバイルに変えたら《爆速》《ギガ無制限》《無料》で最高すぎ。まだ通信会社に無駄な納税してるの?

    この人は反対派

    楽天モバイルの5Gサービス エリアや拡大計画にガッカリな理由

    それぞれの言い分を見比べてみると結構面白いですよ!

    私も、いくつか記事書いてますのでよろしければどうぞ

    地方住みの私がHUAWEI P30 liteで【1年無料キャンペーン中】楽天モバイルのアンリミテッドを使ってみた件

    【あと何人?まだ間に合う?】300万人無料の【楽天モバイル・アンリミット】に今すぐ申し込むべき状況な件

     

    まとめ

    5Gについてのあれこれについて調べてみたことをお伝えしてきました。

    自分の中でも理解が深まったし、未来へのワクワク感がちょっと増えました。

    はやく5Gをガシガシ使って恩恵を受けられる未来がきてほしいものです。

     

    今回参考にした資料はこちら↓

    60分でわかる! 5Gビジネス 最前線

    さくっと勉強できたのでオススメですよ〜!