田舎のしがない会社員がフランス在住ネット長者【ひろゆき】に憧れるワケ

こんにちは。このブログでは満足度高い田舎ライフを謳歌すべくライフスタイルやお気にいりの本やグッズの情報発信をしています。

今日は私が【師匠】と自分の中で勝手に思っている西村博之さんのことについて書いてみます。私がこうしてブログで情報発信しようと思ったきっかけもひろゆきさんのYoutubeがきっかけなんです。

ひろゆきさんのことを知らないというキッズたち(!?笑)に彼の面白さが届くように頑張って書いてみます!

ひろゆき とは?

西村 博之(にしむら ひろゆき、1976年11月16日-)は、匿名掲示板・2ちゃんねるの開設者。東京プラス代表取締役、未来検索ブラジル取締役。『2ちゃんねる』は1999年5月にWeb上にてサービス提供を開始し、2000年代前半に日本最多の利用者数を記録した。愛称・ひろゆきは2ちゃんねるにて命名される。のちに管理者権限を他者に譲渡し実業家に転身。2ちゃんねる (2ch.net) の開設者かつ初代管理人であり、2ちゃんねる (2ch.sc) および4chan管理人。2015年から平沢真一とともに『ヴァラエティ・ジャパン』のEditor in Chief(編集長)に就任した。住居をフランス・パリに置く。

wikipedia より

いろんな肩書きを持ってるひろゆきさんですが、『2ちゃんねるの開設者』という肩書きが一番パワーワードです。電車男はTVドラマ観てましたが、当時はひろゆきさんのことは存じ上げませんでした。田舎の中学生だったし、家にパソコンもなかったのでいわゆる情報弱者というやつでした。東京行って電車乗ったら伊東美咲みたいな美人と付き合えるんだなぁとおバカで純朴な妄想をしてましたね。

働かずに、起きたい時に起き、寝たい時に寝る。そして映画やドラマを観たり、ゲームしたりしながらダラダラ過ごす。

ひろゆき氏は学生時代から上記の生活スタイルを目標にしていたそうです。良い大学出て良い会社入って同じ会社で勤勉に勤め上げることを良しとする、そんなステレオタイプな価値観の人が聞いたら卒倒してしまいそうな人生プランです。でも、正直言って口には出さないだけで誰もが内心夢見てる生き方でもありますよね。少なくとも私はそうです。

私も、あくせく働かずに映画やドラマを観たりしてまったりダラダラしたいです。

快適田舎ライフの必須アイテム【サブスクリプションとは?】試してほしい動画配信おすすめ5選

それにしても夢を実現しているのはすごいですね。

ひろゆきのトークを観るには?

ひろゆきのトークは本当に面白いし、視点がタメになります。めちゃめちゃ参考になる話なのに、インターネット上で無料で視聴できます。太っ腹。さすがはインターネット長者!!おまけになんならコメントで絡みに行けてしまうというのは本当にいい時代です。

YouTube

私がひろゆきさんを【師匠】と崇めたてることになったキッカケはニコ動の【ベーシックインカムを実現するにはどうしたらいいか会議】でした。生配信の場をyoutubeに移した後も歯に衣着せぬ物言いで論理的に社会のあれこれをズバズバ斬っていく雑談が面白いんですよねぇ。

当の本人は

おっさんがパソコンに向かって酒飲みながらダラダラ話してるだけのしょーもない話

・・・と、自分を下げるような事を口走るのですがこれが結構ためになるんですよ。

特に仕事とか労働に関してのひろゆきさんの価値観は聴いててなるほどなぁと思ってしまいます。彼の話を聞いていると【時間を売って対価を得る】しかできない仕事をしていると人生詰むので、同じ時間を売るにしても【スキルをつける】とか【コンテンツを生み出す】という蓄積になる働き方・生き方を推奨しています。なんならこのブログはその影響を受けて始めたと言っても過言ではないです。

生活保護もらってダラダラすりゃいいんじゃないの?

も、口癖。笑

でも、一見スーパー屁理屈とか合理的すぎてドライに聞こえるあれやこれやも、実は不毛で生産性のない消耗をしている人に合理的な解決策を提示しているだけなんです。つまりは世のため人のためになる情報を発信したいという優しさもあるんですよ(多分)。

確か、疫病が流行ってオリンピック中止になる可能性があると数年前にボヤいていた気がします。まさか本当にパンデミックが起きて、家に閉じこもることが推奨され、全国民に10万円が配られる時が来るとは思いませんでした。日頃、彼が放送で言ってたことが現実になってしまってます。好む・好まざるは関係なく、彼のyoutubeを観てる(聴いてる)と少し未来を予測するヒントが隠されていますよ!要チェックです。

Twitter

頻繁にツイッターでつぶやいているのでこれも要チェックですよ!

(写真なにやってんだ?笑)

ちなみに奥様のtwitterではマンガで彼の生態を垣間見れます。

【おトク】を徹底的に追求しているひろゆきさんはできるだけ課金せずにゲームするし、動画配信サービスも自分で契約しているわけではなく、人のアカウントを借りて観ていると言ってましたね。真偽のほどは定かではないですが、面白いわ。

ひろゆき本の巻末付録【2ちゃんねる開設者】オススメ映画を観てみた件

報道リアリティーショー アベプラ

そんなひろゆきさんはなんとAbema TVで報道番組のMCまで努めてます。金曜日の担当です。それもこれも長年インターネットで生放送をやってきた蓄積がメディアの番組制作サイドにも認められたという証なのでしょう。

報道リアリティーショー アベプラ【平日よる9時~生放送】

MC着任した後にコロナで来日できなくなったので現在は毎回リモート参加で番組に出演しています。1度もスタジオに行っていない番組MCなんて今までなかったんじゃないでしょうか?笑

来てますね。新時代。完全にコロナが収束したとしてもあえて難癖つけてスタジオに行かないような気がするのは私だけでしょうか?笑

番組の中ではパンサー向井さんとの掛け合い(・・・というか論破を傘にきた一方的で無慈悲なイジり)が見所です。堅苦しい社会問題を論じる中であの掛け合いは一服の清涼剤になります。

ひろゆき に学んだこと

好きなことをお金をかけずにダラダラやる

一時期、ひろゆきさんはYouTubeの視聴者にお金を使わない趣味で休日にダラダラ過ごすことを宿題にしたことがありました。そんなの簡単そうに思えますが、その時はみんなことごとく何かにランニングコストを支払って(最初に払う固定費は良しという条件でした)時間を過ごしていました。お金を払ってどこか旅行や飲みに出かけるとか、エンターテイメント興業を観に行くとか、何かを買いに行くとか。

消費社会に染まってしまった私たちは暇を潰す、時間を過ごすことに対してもお金をかけなければ気持ち悪いと感じる精神を植え付けられています。最近はコロナで自宅でいかに有意義に時間を潰すかに焦点が当たっていましたが、これが緩和されるにしたがって金を払って暇を潰す快感に引き戻されることでしょう。それが良きことであるのが資本主義なのですから当然っちゃ当然です。

でも、その金をかける時間の過ごし方しか知らないとあまり幸せになれないんじゃないか?というのがひろゆきさんの宿題の主旨だったんだろうと思います。消費せずに時間を過ごせる方向性としては消費の対義語である『創造』に取り組むか、無料コンテンツがあふれているネット空間を活用するかどちらかです。

満足度高い田舎ライフを謳歌する

・・・がテーマであるこのブログを進めていくにあたり、核となる大事な考え方だと勝手ながら思っています。

スキル・知識の蓄積をしておかないと詰むぞ

ひろゆきさんはただただ会社員として漫然と時間を過ごすだけでなく、何かスキルや知識、成果物が蓄積されていく時間の使い方をしなくては詰むぞというような警告をたびたびしています。

私はこうして文章を書くのが好きということに気づいたので、ネット上に文章を残すことを始めてみました。これがどう転ぶかは定かではありませんが、地味に地道にやってみます。

まとめ

時代の先読みと論破力を武器に(!?)Youtube等のネット媒体で世の中を斬りまくるひろゆきさん。私も影響を受けてこのブログを始めてみました。

今後のひろゆきさんの発言や一挙手一投足にはこれからも注目です。