地方・田舎でどこまで使える?【楽天モバイル】福岡県の通信エリアを現地確認・調査してみた【大牟田・筑後・久留米 / 2021年5月編】


こんにちは。このブログでは満足度高い田舎ライフをエンジョイするにはどうすれば良いかを研究し、情報発信しています。今日は楽天モバイルの話題です。

『ahamo』『povo』『LINEMO』そして楽天モバイルの『UN-LIMIT』とおトクなオンライン専用プランが乱立してきた今は自分のライフスタイルに応じて通信キャリアを選べない人ほど損をしてしまう時代です

【300万人1年無料キャンペーン】が終わった2021年5月現在も実は【3ヶ月通信量無料キャンペーン】や【iPhone購入で最大20,000円キャッシュバックキャンペーン】が始まっていたりと、お得なキャンペーンを繰り出しています。

3ヶ月無料キャンペーン 適応条件 公式ページ

iPhone キャンペーン 公式ページ

特に、地方在住者かつネットでの情報収集に慣れている人にとっては『楽天モバイル』はメリットが多いと言えます

2021年5月現在、福岡県では博多や天神といった都心部から少し離れた【大牟田・筑後・久留米】といった南部エリアにもエリアが拡充されています。

そこで、今回は

✔︎ 明太子とホークスを愛してやまない福岡県民
✔︎ 特に大牟田・筑後・久留米エリア在住
✔︎ ネットでの情報収集が得意
✔︎ 楽天モバイルのことが気になっている

上記に当てはまるあなたに向けて、2021年5月現在の【大牟田・筑後・久留米】エリアの楽天回線の通信状況について現地調査してみた結果をお伝えします。

楽天モバイルのコスパ最強プラン【Rakuten UN-LIMIT VI】の復習

福岡県南部エリアのイメージ

福岡といえば博多・天神のような都心部もありつつ、ちょっと車を走らせると豊かな自然もたくさん残っていますね。

【大牟田・筑後・久留米】に在住の方は、日中は福岡市内へ通勤・通学している人も多いと思います。もしかするとこの記事を読んでいただいているあなたもそうなのかも?

この記事にたどり着いていただいたあなたは楽天モバイルの料金プランについてはすでに調べ尽くしていて、エリアの通信の現状が気になっているのかもしれませんが、まだまだ

実際、楽天モバイルってどうなの??

という人も多いですので、少しだけ楽天モバイルのコスパ最強プラン【Rakuten UN-LIMIT VI】の復習をしてから本題に入っていきたいと思います。

早速、本題のエリア通信の実情を知りたいあなたはこの章を読み飛ばしていただいてもOKですよ〜

通信プランの復習

既存3社のオンライン専用プランと楽天のUN-LIMIT Ⅵプランを比較した一覧表になります

楽天のプランは他に比べてかなり特徴がありますね。まず、使用ギガ数に応じてその月の料金が決まる料金体系です。1ギガ未満であれば0円、そして最大2980円で無制限。分かりやすい!

1年間無料キャンペーンの受付は終わってしまいましたがそれでも圧倒的な低コストと『使った分だけ』の納得感のある料金体系が楽天モバイルの魅力です。

実際どうなの?楽天の通信品質

続いて、楽天モバイルの通信品質についてもおさらいしておきましょう。

コストが安い分、正直言って通信品質はまだまだ発展途上です。

楽天の電波の弱点はズバリ障害物です。地下やビル影が多い都会ではつながりにくい時があるようですので、不便を感じることがあるかもしれません。

また、楽天回線の電波がつながりにくい地域でAUの電波を自動的に借りる(ローミング)の措置が取られていますが、関東圏では楽天回線エリアが拡大してきたので、この応急措置が次々と終了しています。

ローミング終了によって都市圏では先ほど述べた弱点が目立つようになり、ネット上では一部不満の声も上がっているようです。

・・・とはいえ、地方では楽天電波のデメリットである障害物が少なく、かつAU回線のローミングもまだ終了の気配が無いことから都会よりも比較的安定した通信環境にあると言えます。

私自身も九州在住で楽天モバイルの回線を使っているのですが、今のところ特に通信品質で困ったことはありません。楽天モバイルの前には格安スマホ(MVNO)を使っていましたが、それに比べるとスピードは爆速です。

自分のライフスタイルをよく振り返ってみて納得できる通信会社を選びたいものですね!

    楽天モバイルをオススメしにくい人

  • 大都市圏に住んでいる
  • 出先・室外での電話や通信を多用する
  • 緊急性の高い用事が多く、どこにいても必ず通話がつながらないと困る

こういう人にとっては2021年5月現在の楽天モバイルは合わないかもしれません。一方で、

    楽天モバイルをオススメできる人

  • 地方に住んでいる
  • wifiの整った自宅でステイホームで過ごすことが多い
  • 緊急性の高い用事は少なく、通話の頻度も高くない

こういった人は楽天モバイルのメリットを最大に受けられます。

昔に比べると通信会社の種類も増え、乗り換えの縛りも緩和されてきたので、メリットとデメリットを見極めながら賢く通信会社を選びたいものです。

今後のエリア拡大について

気になるのは今後の楽天モバイルの通信品質がどのくらい向上していくか?というところですが、地方の楽天モバイルユーザーにとってグッドニュースが飛び込んできました。

今後普及する5Gに関して、地方では楽天モバイルがいい条件の電波を手に入れました。

  • 現在空きがある東名阪以外の1.7GHz帯を5G用として免許割り当てする方針を総務省が打ち出し、楽天モバイルを含む4社がその割り当てに応募。
  • 審査の結果、2021年4月14日に楽天モバイルに免許が割り当てが決定。
  • 1.7Ghz帯は、公共用業務無線局で使用していたものを空けた帯域であり東名阪ではすでにNTTドコモが獲得。4G向けとしても一度割り当て申請がなされたものの、どの会社も手を挙げず余っていた
  • 5G向けとしては低く広範囲をカバーしやすい帯域であり、今後、地方で広域に5Gのエリアを広げる際には有利な電波を手に入れたと言える

まだ先の話ではありますが、地方で楽天モバイルを推したい理由がもう一つ増えてしまいましたね!


さて、準備体操はこのくらいでOKでしょうか?笑

次項からはいよいよ本題の福岡県南部のの【大牟田・筑後・久留米】エリアの調査結果になります。

大牟田エリア

今回は ①楽天回線エリアに入っているかどうか ② 通信スピード(Googleのスピードチェッカー)の2項目を調査してみました!

大牟田といえばかつて「三池炭鉱の街」として栄えた街です。三池炭鉱宮原坑・専用鉄道敷跡、三池港は世界遺産に登録されています。世界遺産の町・大牟田で楽天回線エリアについて調査結果を報告していきますよ!

大牟田エリアの全体像を見てみるとすでに多くの地域が楽天回線エリアに入っています。

全国的に見ても政令指定都市や県庁所在地だけでなく人口10万人クラスの地方都市も結構カバーされてきています。エリア拡大のスピードが速いですね。

さて、ここからは大牟田エリアの具体的なスポットの調査結果を見ていきましょう!

ドラッグストアモリ 大牟田勝立店

九州のドラッグストアといえば【ドラモリ】か【コスモス】で相場が決まっていますね!笑

今回はドラモリ大牟田勝立店でエリア調査してみました。

公式エリア図では楽天モバイルの対応エリア内に入っているようですが・・・

実際に測ってみると

楽天回線はつかんでおらず、AUローミング回線にて下記速度が出ていました。

ダウンロード 11.9Mbps

アップロード 8.64Mbps

マップでは楽天のエリア内だったのに掴めなかったのは残念ですが、楽天回線が掴めないエリアでは代わりに楽天モバイルがローミング(電波の貸し出し)の契約を結んでいるAU回線を使うことができます。

AUが楽天に意地悪して通信を絞っているんじゃないか?なんて疑惑を持つ人もいるかもしれませんが、このスピードを見れば何ら問題ないですね!

全くもってサクサクと通信可能です。

セブンイレブン大牟田笹林店

しっかりとエリア内で楽天回線をつかんでいました。

ダウンロード 11.9 Mbps

アップロード 3.00 Mbps

アップロード速度がちょっと物足りない気もしますが市街地ということもあって普通に使う分には申し分のない速度が出ていました。

セブン-イレブン 大牟田上内店

こちらは市街地から離れて東側に位置するセブンイレブンです。ここでも楽天回線をつかんでいました。

こちらもアップロードの速度は少し低いですが、ダウンロードに関しては高いスピードが出ていました。

ダウンロード 13.5 Mbps

アップロード 3.44 Mbps

普通に使う分にはサクサクと使える速度です。

筑後エリア

筑後市は、福岡県南部の筑後平野の中央に位置する田園都市です。

福岡ソフトバンクホークスのファーム本拠地「HAWKSベースボールパーク筑後」があることから福岡の中でも特に熱いホークスファンが足を運ぶ町です。

そんな『ソフトバンク』のお膝元・筑後市だからなのか2021年5月時点ではまだまだ楽天回線のエリアは拡充されていないです。

ただし、6月末には筑後市も全域エリア内になる予定です。

今後の比較のために、現状の調査結果を記録しておきます。

筑後広域公園

「HAWKSベースボールパーク筑後」を有する筑後広域公園は市民のみならず近隣地域、ホークスファンも含めて福岡県民の憩いの場でもあります。

残念ながらエリアマップ通り、楽天回線を掴むことはできませんでした。

ダウンロード 24.1 Mbps (前回 4.14 Mbps)

アップロード 15.3 Mbps (前回 18.8 Mbps)

パートナー回線(au回線)にてかなりサクサクな数値が出ていました。ダウンロードの速度に関しては前回の6倍程度。時間帯や混み具合によっても影響されるとは思うのですが前回はなぜ同じAU回線でこれだけ伸びがなかったのか不思議です。

とにかく、これだけスピードが出ていれば休日の公園でリフレッシュのひとときも快適に過ごせそうですね。

楽天回線を掴めるようになった後にこの数字がどう変化するのか楽しみですね!

ローソン 筑後熊野店

昨年の12月時点では2021年2月末までにエリア内に入るはずだったこのローソンですが

画像に alt 属性が指定されていません。ファイル名: スクリーンショット-2020-12-16-23.46.14-1024x660.png

現状のエリアマップでは前進しているもののまだ対象外です。やはり地権者にアンテナを立てる許可を交渉していくのは大変な作業なんでしょうね。

ダウンロード 17.8 Mbps

アップロード 13.0 Mbps

普通に使用する分には申し分ないですね!

次回調査の時に楽天回線を掴むかどうかが楽しみです。

久留米エリア

続いて、福岡の第3都市である久留米市。ラーメン美味しいです。

福岡市内から30kmほどの距離で通勤・通学圏内ですのでこれまでの大牟田・筑後エリアと比べても福岡市のベッドタウンという側面がより濃くなる地域です。

楽天モバイルの公式エリアマップはこの通り

ところどころで楽天回線エリアに穴があるような感じもしますね。

具体的な調査結果を見ていきましょう!

ディスカウントドラッグコスモス 津福店

まずは九州地盤のドラッグストア・コスモス津福店の駐車場にて調査。

画像に alt 属性が指定されていません。ファイル名: スクリーンショット-2020-12-16-20.21.26-1024x673.png

公式エリアマップ上では2020年の12月からバッチリエリア内に入っていました。もちろん現在もエリア内ではありますが・・・

あれ?パートナー回線を掴みつつ

ダウンロード 1.97 Mbps

アップロード 3.59 Mbps

これは普通に使う分にはそんなに問題ないものの、用途によっては重さを感じるかもしれない速度ですね。


これまで他のエリアでも調査してきて感じることとして、マップ上は楽天回線エリア内→実際はAU回線をつかんでいる、というパターンもあります。そういう時にはスピードが頭打ちになっているような現象が時々見られます。

ちなみに私の自宅も現在は楽天モバイルのエリアに入っているのですが、公式ページのマップ上ではエリアに入っていても、1〜2ヶ月程度は電波を掴んだり掴まなかったりを繰り返していました。

現在は常に楽天回線を掴んでいて特に不便もなく、むしろサクサクです。

従量制の料金やキャンペーンの低コストと引き換えに発展途上の不安定さを許容できるかできないかはあなたの考え方次第と言えます。

自宅周辺に不安定な通信環境がないか一度利用してみて判断するというのも賢い方法です。仮に使用してみた結果どうしても電波が入りづらいという場合でも楽天モバイルは違約金無しで乗り換えることが可能です。

詳細は公式ページから確認してみてください!

プラン詳細 公式ページ 

セブンイレブン 久留米通町店

久留米市街地ど真ん中・商工会議所のビルの目の前にあるセブンイレブンです。

前回調査した時には

画像に alt 属性が指定されていません。ファイル名: スクリーンショット-2020-12-16-20.35.03-1024x673.png

このようなエアポケット状態のど真ん中にありました。

2021年2月末までには紫色のエリアを拡充できている予定でしたが・・・

画像に alt 属性が指定されていません。ファイル名: スクリーンショット-2020-12-16-20.35.49-1-1024x641.png

2021年5月の段階ではこの状況です。

おぉ・・なんとも趣深い現状図です。小刻みに空白地帯があるという事実がエリア拡充の地道な作業を物語っていますね。きっと地主さんとの交渉などあるのでしょう。

久留米市は福岡では3番目、九州の中でも8番目に人口の多い都市でもあります。やはり久留米の中心地はこれまでの大牟田や筑後に比べて高い建物が多い印象ですのでビルが苦手な楽天回線は苦戦しているのかもしれません。

おそらくスピードにもそれが表れています。

前回はAU回線を掴んで高いスピードを叩き出していたのですが、今回は楽天回線を掴んでいました。

ダウンロード 0.46 Mbps (前回 30.7 Mbps)

アップロード 1.09 Mbps (前回 7.93 Mbps)

空白地帯が多いということはやはり通信の不安定さを表していますね。このコンビニは確かに周囲をビルに囲まれていたので条件はあまり良くないのだろうなと推察します。

久留米の中心地エリアが生活圏である人に関しては正直、タイミングを待つのがベターなような気がします。

まとめ

福岡県の筑後地方をメインに【楽天モバイル】通信状況を確認してきましたが、参考になったでしょうか?

エリアについて公式の情報をもっと詳しく知りたい人は

エリアマップ

へどうぞ。今回のまとめとしては・・・

✔︎ 大牟田エリアでは概ね楽天回線を掴んでサクサク
✔︎ 筑後エリアでは概ねパートナー(AU)回線を掴んでサクサク
✔︎ 久留米エリア特に市街地では楽天回線が不安定な場所がある
✔︎ マップ上は楽天回線エリアの表示でもAU回線を掴んでいる時もある
✔︎ 公式のエリアマップ通りには必ずしも反映されていない
✔︎ 調査中は総じて快適に通信を利用でき、特に問題は感じず

結論としては住んでいる地域のエリアマップを公式ページにて確認した上で検討することをオススメしますよ!

各種キャンペーンはこちらから

3ヶ月無料キャンペーン 適応条件

iPhone キャンペーン

ではでは、また次回お会いしましょ〜