株ブログ My portfolio February 2019

『My portfolio』シリーズ

私のガチ証券口座を公開しつつその月のパフォーマンスを記録していくという公開処刑型備忘録、題して『My portfolio』シリーズです。
先月の株ブログはこちら


上のグラフは株のWebサービス・アクションラーニングのポートフォリオマネージャーです。自分の保有している銘柄の事業価値を視覚的に表示してくれるサービスです。

  • どうやって銘柄の事業価値(一株価値)を算出するか?
  • どんなビジネスをやっている会社が中長期的に伸びていくのか?


詳しく知りたい方は無料でセミナーをUPしてくださっています。興味のある方は是非是非
​​

 普通にビジネスの基礎的知識が身についていきますので、仕事でも役立っています。まさに自己投資!

2月株式投資・所感

保有銘柄に対しての2月の動きと所感。

・ジャパンティシュエンジ

  ※1つだけ投資スタイルから外れている銘柄だけど再生医療への期待で購入。気長にまつ

 → 「CAR―T細胞療法」に用いる製品の製造・販売の承認を厚生労働省が了承へという材料がでて跳ねる

・トリドール 

 ※丸亀製麺は苦戦だけど海外部門はめちゃ伸びてる。世界戦略夢ある。

 → 決算後盛り返した。前回出した下方修正ほどの減益にはならない予感。

 → セクション別の中身を見てみると海外部門の売り上げが激増して、丸亀製麺の不調を補っている形。

 → ドラスティックな収益構造の変革の過渡期。

・ファンデリー

 ※高齢化・個食・健康食ニーズの増大。追い風の市場。設備投資など攻めてる経営に好感。

・フジマック

 ※割安すぎ。見直されるタイミングありそう。割安感が無くなるまで保有かな。

 → 株主優待の発表で跳ねるが、その後も横ばい。

 → まだまだ割安ではあるが、キャッシュポジを増やしたい

 → 好材料がでても割安が解消される勢いまではないことが分かった&購入時のストーリーもあまり明確でなかった

 → プラス15%程度で売却

・OATアグリオ

 ※世界展開を視野にM&Aを実施し転換期。農業分野は世界的には伸びる市場。

 → オランダのクリザール社を買収したことにより通期業績予想を下方修正したことによりズドンと下げる。

 → ただし、来期業績予測は売り上げ1.5倍の予測値を出している。達成したら大ごとですな。

長期投資と言いながら株ブログ2ヶ月目にして早くも1銘柄売却。暴落に備えてキャッシュポジションを高めているので悪しからず。
2月は私の大好きなソフトバンクが決算発表自社株買を発表。その後グワンとストップ高。
あぁ、昨年末から今年初頭にかけてだいぶ下がっていたので買を入れておけばよかったと後悔しつつ、どこかで買ってみようかと葛藤。
・・・でもでも、キャッシュポジションを増やしておくという今の自分の戦略に合わない買であること、衝動的に買を入れて良いことが無いと自分なりの経験則を思い出してなんとか思いとどまった。
もしそのタイミングで買っていれば高値づかみ。
やはり株は自分との戦いやなぁと思った次第でした。
しかし、これだけ値嵩株で上にも下にもグラグラ揺れるとなると大怪我しそうな匂いがプンプン。
と思いつつも、もう2度と下には振れずに手の届かない高値に登ってしまわないかという不安。
リセッション調整局面で底値と思った時に拾いにいく作戦が懸命と信じているけれど、そんな離れ業が可能かどうかはまた別の話・・・笑
うーん。やっぱり株は面白い。

2014年に最初に証券口座を作った時にはこの本を買いました!
定番ですよね?笑 ↓↓