【パラサイト半地下の家族】ネタバレありで徹底的に考察したい【時計回り?親北ギャグ?】伏線を語ろう!

こんにちは。このブログでは満足度高い田舎ライフを謳歌すべくライフスタイルやお気にいりの本やグッズの情報発信をしています。

田舎ライフに不可欠なのは誰がなんと言おうと『最新エンタメ』です!!ついに配信が解禁された【パラサイト半地下の家族】についてネタバレ有りレビュー書いてみます。いよいよ私なりの考察を吐き出してみたいと思います。

 

↓↓未見の方はこちらへ↓↓

パラサイトを無料視聴できる裏技!?
U-NEXTの無料トライアルに登録すれば新作映画を1本視聴できるポイントがもらえます。今までアカウントを作ったことのない方であれば誰でも登録可能ですよ!

↓↓↓Amazonではタイムセール祭↓↓↓

目次

  1. パラサイト半地下の家族とは
  2. あらすじ
  3. 伏線の考察
  4. 幻の仮タイトル?最初の案は『パラサイト』ではなかった!?
  5. まとめ
ここから先はパラサイトの具体的なストーリーのネタバレが含まれます。未見の方、ストーリーを忘れた方は先に本編をご覧になることをオススメします。


パラサイト半地下の家族とは

韓国映画『パラサイト 半地下の家族』は『グエムル-漢江の怪物-』『母なる証明』を手掛けた韓国を代表とする名監督、ポン・ジュノがメガホンをとった作品。日本では2019年1月に公開されました。韓国で社会問題化している「格差社会」を描く。第72回カンヌ国際映画祭では、最高賞の「パルムドール賞」、そして第92回アカデミー賞では、作品賞、監督賞、脚本賞、国際長編映画賞の4部門で受賞を果たしました。

あらすじ

仕事も計画性もないが楽天的な父キム・ギテク。そんな甲斐性なしの夫に強くあたる母チュンスク。大学受験に落ち続ける息子ギウ。美大を目指すが予備校に通うお金もない娘ギジョン。しがない内職で日々を繋ぐ彼らは、“半地下住宅”で暮らす貧しい4人家族だ。 ・・・(中略)・・・“半地下”で暮らすキム一家と、“高台の豪邸”で暮らすパク一家。相反する2つの家族が交差した先に、想像を遥かに超える衝撃の光景が広がっていく–。

Amazon プライム ビデオ より引用

伏線の考察

いよいよここから伏線について考察してみたいと思います。いろいろな伏線がありまくりで書き切れないのですが、今回は5つに絞って考察と感想を書いてみたいと思います。

伏線1・水石

ストーリ冒頭でギウが「富・学術向上をもたらす」として友人のエリート・ミニョクからもらった「水石」。この石は様々なメタファーを表現して映画全編についてまわります。

前半から中盤にかけてギウは石に宿る力を過信する場面が目立ちます。

  • 半地下の家の前で用を足している通行人を追い払う
  • 大雨で水没したときに大事そうに持ち出した

終盤にかけてはお守りの域を通り越して良く言えば『未来を開くための相棒』、悪く言えば『すがりつく対象』になりかかっていました。

  • 誕生日パーティーにて石を抱えて地下室へ

このときにはもうダヘとの住む世界の違いっぷりに何かが吹っ切れて冷静さを欠いています。さらに悪い方向へ助長する象徴的なシーンが

  • リスペクトおじさんに石で頭をかち割られる

結局大事にしていた石で重傷を負わされるという展開になります。あのシーンには思わず『ウッ!』と唸ってしまいました。回復したギウが向かったのは川でした。

  • 石を川へ戻す

ギウがあるべきものをあるべき姿に還したことで、気が大きくなった自分を戒め、新たな計画を進めるための決意表明だったように思います。

そもそも半地下の家には『知足安分』という言葉が額に入れて飾ってありました。「知足」は足ることを知る意。身分をわきまえて欲をかかないこと。「安分」は自分の境遇・身分に満足すること。

誰しも胸に抱いている『水石』をそっと置いてリスク承知で計画を持って歩き出すか、胸に抱えたまま無計画で夢を見るか、観ている側の心持ちによってどちらにも取れますね。この先のストーリーはあなた自身につながっている、そんなメッセージが込められているように私は思いました。

文字通りズシリと重く問いかけてくる名シーンです。

伏線2・ランプ

パク社長の初登場シーンで例のリスペクト・ランプがタイミング微妙な点灯の仕方をしています。階段を登ってくるパク社長の後方でランプ点灯 → シーン転換 → そして再びランプが写り込んだときにはランプが消灯・・・しきっていない!?

劇場での初見で不自然に感じた人も結構いるかもしれません。実際、私も『ん?』と無意識レベルの違和感を感じていたのですが、その後にランプの不調を示唆するセリフがあったので『あ!やっぱり何かあるんだ』と勘ぐったところで、あの衝撃的なリスペクトシーン。

初見で気づくか気づかないかの絶妙な間合いでシーン転換する演出を見返して確認してみた時は本当に感動でした。ポンジュノ監督本当にアッパレです。

伏線3・ダソンの絵

作中で出てくるダソンの絵はどうみても幽霊ことリスペクトおじさんを描いています。

ギョロっとした目、皮膚の色、そして背景にいろんなヒントが描いてあります。テントと太陽、血塗られている?灰色の棒のようなもの、下から上に上がってくる矢印。

まるで要注意人物の特徴を貼り合わせて作成されたモンタージュ写真のようです。

ダソンははじめから面接に来たギウに矢を射てみたり、ギテク一家が同じ匂いだと見破ってみたり、あの机の下からの脱出シーンで『緊急事態』とドンピシャのタイミングで無線を鳴らしたりとさすがエリートの血を引いているだけあって感性が鋭いです。

テントでライトを不自然に揺らしながら色を変えているシーンもありましたが、あれも何かの信号なのか?私にはわかりませんでした。わかった方は教えていただきたいです。

伏線4・親北ギャグ

これは伏線というよりは、爆笑してしまったポイントです。ホントに劇場では思わず吹き出してしまいました。韓国の人にとってもあの北朝鮮のTVアナウンサーの独特な口調は揶揄の対象なんだなぁというのが興味深いポイントでした。

ミサイルのボタンうんぬんのポリティカルなギャグもブラックな中にもニュースでは知り得ないリアルな市民感情を読み取ることができて普通に良かったです。アメリカ映画の政治ギャグとは一味違った非英語圏の映画での政治ギャグはちょっと新鮮でした。むしろ、日本人にとってはアメリカ映画よりも自分ごととして捉えられる分、面白さのリアリティが高かったと思います。

結構、高度に文化的な体験ですよ多分。

こんなギャグを笑っていられる平和な世界であってほしいものです。

伏線5・時計回り

時計回り、反時計回りを執拗に表現する演出が多用されています。裕福なパク一家は時計回り、半地下のギテク一家は反時計回りを交えて表現されています。

時計回りのシーン

  • ソファーでのイチャイチャシーン
  • パク邸の地下室への扉のレバー
  • 息子ギウが初めてパク社長邸を訪れたとき

まずは社長夫妻がソファーから庭を眺めつつまさぐり合うベッドシーン。なぜか奥様は時計回りに触ってほしいと求めます。劇場で初見の際には濡れ場シーンにワクワクした方、気まずくなった方、いろいろでしょうがコミカルと緊張とエロとがカオスになった本映画でのベストシーンの1つであることは間違いないでしょう。

また、パク邸の地下室への扉も時計回りに回して開けていましたね。最も印象的なのは息子ギウが初めてパク社長邸を訪れたとき。青々とした竹に爽やかな風が吹き、光に照らされながら右回りの階段を登っていくシーン。輝かしい裕福なパク一家の家庭・邸宅の描写に時計回りが多い気がします。

美人奥様は誰?
多くの男性が気になったであろうあの美人奥様。演じていたのはチョ・ヨギョンという俳優さんです。
“エロチック史劇の女神”との異名をとっていた時期もあるそうで、過去作の濡れ場シーンはプロ魂が垣間見えます。気になった方は要チェックですよ!

後宮の秘密 (字幕版)

春香秘伝

反時計回りのシーン

  • 運転手食堂の食事シーン
  • 庭でハンマー投げ
  • パク社長を刺殺したあと逃走シーン

一方の反時計回りですが、まずギテク一家が運転手食堂で食事するシーン。一家は取り皿を片手に料理の盛られたビュッフェの周りを反時計回りに進んでいます。もう1つ、パク一家がキャンプで不在のシーン。元ハンマー投げ選手であるチュンスクがなぜか庭でハンマーを投げます。この時の回転方向も反時計回りでしたね。いくら開放的だからと言ってなぜハンマーを投げるかは謎すぎて笑えます。そしてパク社長を刺殺したあと逃走するギテクが駆け下りる階段も反時計回りでした。爽やかな風と光の中登った同じ階段を、血塗られた顔で逃げるように駆け下りるシーン。印象的でなんとも言えないコントラストでした。

時計回りと反時計回りで2つの家族の対比を表しているように思えますね。

ちなみに
ギテクを演じたソンガンホの怪演が特に印象に残った人も多いでしょう。今回の父・ギテク役はお世辞にもカッコいいとは言えないおじさん感が溢れていましたが、過去にはハリウッド大作の主要キャストを演じたり、シュッとしたカッコいい役も多い韓国の国民的俳優なのです。名実共にアジアのムービースターになったソンガンホの今後にも注目です!

【パラサイト半地下の家族】の主演俳優ソンガンホ【韓国の国民的スター】おすすめ出演作3選

幻の仮タイトル?最初の案は『パラサイト』ではなかった!?

この映画、『パラサイト』というタイトルに決まる前は『デカルコマニー』『ロールシャッハ』というタイトル案があったそうです。

デカルコマニー検索結果
ロールシャッハ検索結果

いずれもインクを紙に落として左右対象の模様を使うのですが、これがこの映画の仮題だったのはなぜでしょう?

ここから先はあくまで私見です。


裕福な家族と貧困な家族。

一見、相反して逆の形のような家族に見えますが貧富という『一線』で区切られているだけで、本質的には同じもの。そういうメッセージがあるんじゃないかと深読みできます。

なぜならギテクが『妻への愛』という人類共通、本質的に変わらないものを語りながら『一線』を踏み越えようとしてきたときにパク社長は強烈に拒絶します。

裕福であることと貧困であることという合わせ鏡のような真逆の形をしているものの、その実、人間の本質はそんなに変わらないものだと本能的にわかっているが故に尚更、一緒にするなと拒絶したのかもしれません。右回りと左回りは一線を軸に折り曲げてしまえば重なる、同じものなのです。

そう思うと、この映画のロゴの右回りと左回りの渦にもメッセージが込められているような気がしてなりません。

wikipedia より

まとめ

明らかな悪党も天使もいない映画で、みんな適度に悪く、適度に善良で、適度に卑怯で、適度に正直な人々がもつれて破局に至ります。

私たちがニュースを見るとき、結果だけ見ます。それは誕生日パーティーの芝生の上で起きた結果だけです。でも、そこには私たちが簡単に察知できない長い脈絡があるんです。

映画はそんな結果に達した微妙な段階を2時間にわたって追っていけるーそれが映画の力ではないかと思う。

ポン・ジュノ監督のライブトークより

秀逸なエンターテイメントでありながら、人間の本質を描くメッセージ性もあり、何度見返しても発見があるのがこの作品の良さですね。

オスカーをとった映画として全俺が納得した素晴らしい作品でした!最高。

 


↓↓あの伏線の確認はこちらから↓↓

新作映画も無料視聴!?
U-NEXTの期間限定無料トライアルの特典としてもらえるポイントなら、各配信サービスでまだ見放題の対象になっていない新作映画も視聴可能です。オススメです。

↓↓パラサイト関連記事はこちら↓↓

パラサイト 半地下の家族の配信直前【安心のネタバレ無し】ポン・ジュノ監督の軌跡を辿ろう!