エヴァとシンゴジラを徹底比較【当然ネタバレ】勝手に第5形態とシンエヴァの結末を考察してみた

こんにちは。このブログでは満足度高い田舎ライフを謳歌すべくおすすめのライフハックやお気にいりの本やグッズなどの情報発信をしています。

今回はエンタメ記事。動画サブスクサービスがあればStayHomeも快適です。

快適田舎ライフの必須アイテム【サブスクリプションとは?】試してほしい動画配信おすすめ5選

田舎に居ようともこうして好きな作品についてタイムラグなく語れるのはインターネットのおかげです。良い時代!今回は公開延期になったエヴァについて語ります。

2020年6月に公開予定だった新劇場版エヴァンゲリオンの4作目である【シン・エヴァンゲリオン劇場版】が公開延期になってしまいました。残念ですが、今回は不可抗力です。そして長年のエヴァファンからすると延期に次ぐ延期は想定の範囲内。

だって、新劇場版が始まってから何年経ってると思いますか?新劇場版の制作が決まったと発表された年に生まれたチルドレンは今年シンジ君たちと同い年なのです。悲しいけど残酷な時の流れ、この事実からは逃げちゃダメだ!逃げちゃダメだ!逃げちゃd・・・(放心)

でも、気長に待つだけじゃ放心状態になっちゃいます。何かアクションを起こさないと!そうすることを庵野監督も望んでいるはず!きっと!

・・・と、言うことでこの記事では庵野秀明監督の直近の映画作品である【シン・ゴジラ】に注目してみます。シンゴジラはタイトルに【シン】とついているだけでなく、劇中でもエヴァと様々な共通点があります。エヴァとゴジラの共通点を振り返って、最後のエヴァがどうなるのか勝手に予想してみたいと思います。うん、前向き!

目次

  1. そもそもエヴァンゲリオンとは?
  2. シンゴジラとは?
  3. シンゴジラ劇中でのエヴァへのオマージュ・共通点
  4. 最後はどうなる!?シンエヴァ勝手に予想
  5. まとめ

そもそもエヴァンゲリオンとは?

GAINAX原作によるSFアニメ作品。大災害「セカンドインパクト」が起きた世界(2015年)を舞台に、巨大な汎用人型決戦兵器「エヴァンゲリオン」のパイロットとなった14歳の少年少女たちと、第3新東京市に襲来する謎の敵「使徒」との戦いを描く。

wikipediaより

1995年に放送されたテレビアニメシリーズはキリスト教にまつわる隠語を盛り込みながら謎が謎を呼ぶミステリアスな展開が合間って社会現象になりました。

新世紀エヴァンゲリオン

商業的にはアニメにおける製作委員会方式で初めての大ヒットになった経緯もあり、メディアミックスや企業とのコラボレーションなどを大々的に行なっている作品です。パチンコシリーズからエヴァを知った人も多いでしょう。今回もシン・エヴァンゲリオンの公開に合わせて多くの企業がコラボ商品を展開しています。

UCC ミルクコーヒー (EVA新劇場版Ⅱ) 250g ×30本

HONDA CIVIC

ひとたび映画公開となれば、日本のありとあらゆるモノが文字通りエヴァ色に染まるのです。そう、これは祭りなのです!痛車が、痛服が、非オタクの冷たい視線に晒されようが、我らエヴァファンにとっては祭りなのだから同じアホなら踊らにゃ損損ということで踊っているのです。

決して、断じて企業のマーケティング戦略に踊らされているんではありません。自らの意思で踊っているのです。(キリッ!)


1997年に公開された映画『Air/まごころを、君に』(通称・旧劇場版)はテレビシリーズとは別の結末を描きましたが、その結末についてエヴァファンを公言しているオリラジの中田敦彦さんはこう語っています。

まあ、賛否両論、主に『否』

アメトーーク・エヴァンゲリオン芸人より

そう!公共の放送だから『主に』なんてオブラートに包んでいますが、実際、あれは『否』の嵐でしたよね。

そんな感想が多くを占めてしまう事態になった理由について庵野監督自身がTV番組でこう説明しています。

エヴァは現実逃避の装置にされつつあるのがすごく嫌だった。映画になった時にはお客さんに水を浴びせた。目を覚まして帰ってほしかった・・・(中略)・・・僕にとってはそれもサービス

トップランナーより

このインタビューでテレビアニメから旧劇場版までの時期を総括して衒学(げんがく)的な演出を多用したことでエヴァが神格化されすぎた事を後悔しているというような旨のコメントをしていました(私が言ってんじゃ無いですからね!監督本人が言ってんですからね!)。

・・・と言うわけで未見の方に『オススメです!』なんて絶対に言えないハードな結末ですがリンク貼っときます。怖いもの見たさで見てみたい方は心してご覧ください。責任はとりませんよ!笑

新世紀エヴァンゲリオン劇場版 Air/まごころを、君に

でもね、庵野さん!冷や水浴びせられて口あんぐりさせられようが、現実逃避と罵られようが、それでもみんなエヴァのことが好きなんやで(ひしっ)

・・・そんな気持ちが通じたのかどうかは分かりませんが、2006年にこれまでの作品群を再構築した別シリーズである『ヱヴァンゲリヲン新劇場版』全4作の製作が発表されます(通称:新劇場版)。これまでに3作『序』『破』『Q』が公開されており、2020年にはその最終作『シン・エヴァンゲリオン劇場版』が公開される予定です。

いよいよ足掛け20年以上に渡る作品が完結します。うん、高まります。

最終作のキャッチコピーは 『さらば、全てのエヴァンゲリオン』

キービジュアルは線路の分岐点に立ちこちらを見据える主人公・碇シンジ。何を意味しているのか?妄想が掻き立てられます。

エヴァシリーズをおさらいしたくなったあなたへ!
ここだけの耳寄り情報です

Amazonプライム・ビデオではエヴァシリーズは有料レンタルですが、U-NEXTなら無料トライアル特典の600ポイントで旧劇場版or新劇場版の1本分は視聴できますよ!

2020.6.28 追記
各動画配信サービスにおいて今まで有料だったエヴァ新劇場版シリーズが見放題対象に変わりました。

↓↓新劇場版ヱヴァシリーズを無料トライアルで見るならこちら↓↓

シンゴジラとは?

『シン・ゴジラ』は、2016年(平成28年)7月29日公開の特撮映画。総監督・脚本は庵野秀明が、監督・特技監督は樋口真嗣が手掛けた。東宝製作のゴジラシリーズの第29作であり、『ゴジラ FINAL WARS』以来約12年ぶりの日本製作のゴジラ映画である。

wikipediaより

東京湾に突如現れた巨大不明生物(ゴジラ)の上陸により東京が壊滅的な被害を受ける中、内閣官房副長官・矢口蘭堂を事務局長とした『巨大不明生物特設災害対策本部(略称:巨災対)』がゴジラに立ち向かう、と言うストーリーです。

キャッチコピーは「現実(ニッポン)対 虚構(ゴジラ)」

劇中では福島第一原発事故における日本政府、あるいは太平洋戦争における旧日本軍を思い起こさせるような残念な組織のシーンが多く見受けられます。そして誰もがどこかで見聞きしたような年功序列・終身雇用の日本型組織がはらんでいる問題に対して鋭い描写と痛烈な批判が織り交ぜられています。

【曖昧な責任の所在】【トップの決断が後手後手】【昼行灯なたぬきオヤジが窮地で意外な立ち回り力を発揮する】【優秀な現場力で困難を乗り越えちゃうので余計にタチが悪い】【根本的な問題は先送りしがちで時限爆弾抱えがち】

事実は小説より奇なり。

今の状況をシンゴジラは予見していたようですね。


シンゴジラの撮影期間中は日本中の撮影現場から俳優がいなくなったと揶揄されました。つまり日本のトップ俳優の多くがシンゴジラに出演しているのです。

前田敦子、古田新太、ピエール瀧、斎藤工、片桐はいりなど普通のエンタメ作品なら主要キャストを担うであろう俳優陣や、変わった人だとラッパーのKREVAも出演しています。彼ら、全員チョイ役なのです。すごい。

豪華キャストの無駄遣いに思えますが、実はそんなの序の口で、実はエンドロールでびっくり仰天の壮大な無駄遣い(ではないんだけど)キャスティングが明らかになります。長谷川博己扮する谷口蘭堂が主役かと思いきや、もう1人の主役はあの人だったんです!私は映画館で思わず『え?どこで出てたっけ』と声に出してしまいましたが、次の瞬間、そういうことか!と愕然としました。

もう、お察しいただけたかな?笑

庵野さんと東宝が本気出した結果、エンドロールまで目が離せない作品になっています。最後のひと噛みまで味がする最高のエンタメです。

シン・ゴジラ

ちなみにシンゴジラは現在Amazonプライム会員特典で無料視聴できます。すでに会員の方は隠れ主演が誰だったのか是非とも確認してみてくださいね。まだ会員でない方もこちらから登録できます。

↓↓初月30日間の無料登録でシン・ゴジラを観る↓↓

シンゴジラ劇中でのエヴァへのオマージュ・共通点

シンゴジラは公開当時から劇中にエヴァを彷彿とさせるシーンがたくさん出現することが大変話題になっていました。エヴァ公開が延期されて時間はたっぷりありますので、ここではエヴァとシンゴジラの共通点を見比べながら2つのシリーズがどう言うメッセージを投げかけているか詮索してみたいと思います。

早口と明朝体の波状攻撃で情報の海に溺れる

エヴァを観たことはなくても明朝体の字幕がバシバシ流れるエヴァの演出を目にしたことがある人も多いかもしれません。

難解なセリフを早口でまくし立て、字幕で現在地などの情報を表記する。これがエヴァにおける特徴的な演出でした。

フォントワークス エヴァンゲリオン公式フォント マティスEB Truetype版

情報を大量に投げつけることで観客の脳を疲れさせ、混乱状態にあるところで印象に残るシーンを叩き込むという手法は、観る側の記憶に強烈に残りますね。

好きだったあの子に振られる → 脳が混乱 → 彼女が別れたい理由について畳み掛けるように吐き出す → さらに脳が疲弊 → 去りゆく彼女の後ろ姿が今もスローモーションのように鮮明に呼び起こせる(私の初恋・完)

イコール

ゴジラが現れて錯綜する官邸での緊急会議(官僚や大臣たちの長ったらしい肩書きが明朝体字幕でバンバン流れる)→ 脳が混乱  → 官僚たちが堅苦しく小難しいセリフを畳み掛ける → さらに脳が疲弊   → 『それ、どこの役所に言ったんですか?』と言うコミカルかつダブルミーニングな何気ないセリフがスローモーションで鮮明に呼び起こせる(緊急会議シーン・完)

どうでしょう?これが庵野監督のやり方なのです!

脳科学的(?)に解明された(?)エグい手法なのです(いや違うだろ)。

ヤシオリ作戦 = ヤシマ作戦

「ヤシオリ作戦」はゴジラの破壊的なエネルギー源について突き止めた巨災対がゴジラを凍結休眠させるために立てた作戦のことです。『ヤシオリ』と言うのは日本古来の伝説に登場するヤマタノオロチという大蛇を倒すときに用いたお酒の名前に由来しているそうです。へぇ〜!

全国各地の民間化学工場にゴジラ凍結剤の情報を共有し、日本中の物資をゴジラ凍結作戦のために一点集中させると言う、全男子歓喜の激アツ作戦なのですが、これがエヴァンゲリオンにおける『ヤシマ作戦』に似ているのです。

『ヤシマ作戦』は新劇場版エヴァ序にて登場する作戦で、硬い防御力を有する謎の生命体・使徒のATフィールド(盾)を突破すべくエヴァが敵を狙いビームを撃つと言う作戦です。全国の電力を一点集中させて高エネルギーのビームを放つと言う設定はこれまた全男子歓喜!なのですが、シンゴジラの『ヤシオリ作戦』と名前も状況も激似ですよね。

これ、まさかの現実世界でも同じことが起こりましたよね。2011年、節電の夏。

そして2020年、全国の医療機関へ善意の物資が届けられたことも記憶に新しい。

事実も小説も奇なり。

余談ですがゴジラ『ヤシオリ作戦』のシーンではエヴァ『ヤシマ作戦』のBGMが流れて戦いを勢いづけてくれます。

ヤシオリ作戦 = ヤシマ作戦 = 災害時に一致団結する日本人

の視点でもう一度両作品を見直してみると面白いかもしれません。

ゴジラ = 使徒

劇中では『神の化身・呉爾羅』という古来の伝承がもとになって『ゴジラ』と名付けられています。ゴジラは荒ぶる神であると言う設定はゴジラシリーズ1作目から延々と続く不動のメッセージです。一方、エヴァで登場する『使徒』もまた人智を超えた神に近い存在です。『使徒』はどこからともなく出現しては人類社会に壊滅的な被害をもたらす謎の生命体です。実はゴジラも使徒も人智を超えた超常現象という意味ではまったく同じ存在なのです。

シンゴジラ劇中で東京都心で地獄の業火のような火を吹き、放射能を含んだ紫のビームを放ち街を焼き尽くすゴジラの姿は、エヴァ破で覚醒した初号機のビジュアルと瓜二つ。構図も色彩もまじでびっくりするくらい瓜二つです。

このシーンを見た時には、焼き尽くされた東京の街に脱力感を覚えつつ、垣間見えるエヴァの残像に意味のわからない感情になったものです。

こんなの、無理だよ・・・勝てっこないよ・・・

シンジ君じゃなくてもそう言いたくなるような残酷な焼け野原。如何しようも無い現実を叩きつけられて、それでもフィクションの中の主人公達は叡智を結集して立ち上がりました。シンジ君もレイもアスカも、巨災対も。


事実は小説より奇なり

奇なり。

だけど、叡智を絞って生きていく。

そんな覚悟もまたエヴァとシンゴジラの共通点。

「スクラップ&ビルドでこの国はのし上がってきた。今度も立ち直れる」

シン・ゴジラ

ゴジラを食い止めたものの、焼け野原になった東京。そんな中、内閣総理大臣補佐官・赤坂(竹野内豊)が言ったセリフ。イケメンは希望ですね。

希望は残っているよ。どんな時にもね。

ヱヴァンゲリヲン新劇場版:Q

カオル君もイケメン。やっぱイケメンは希望。

最後のエヴァ【シン・エヴァ】でも前向きなメッセージをくれると信じてますよ!庵野監督!!

↓↓エヴァシリーズとシンゴジラを見比べよう。詳細はこちらから↓↓

最後はどうなる!?シンエヴァ勝手に予想

庵野さんはエヴァンゲリオンという巨大すぎる社会現象を作ってしまっため、創作活動に取り組めなかったと言われています。度重なる新劇場版の公開延期はもはや名物のようになっていましたし、心を病んでいたとも聞きます。真偽の程は分かりませんが。

そんな背景がうっすらと漏れ伝わってくる中、『ヱヴァンゲリヲン新劇場版』シリーズが完結していないのに次はゴジラを撮るという一報が流れたその時のエヴァファンはひっくり返るほど驚き、そしてハテナマークが止まりませんでした。私もその1人です。

でも、劇中のあるセリフで私は全てを察しました。おそらく多くのエヴァファン、いや庵野ファンも同じ気持ちだったでしょう。

『私は好きにした、君らも好きにしろ』

シンゴジラ

ゴジラについて知る謎のキーマン・牧悟郎博士が遺書に残した一言です。今から壮大なネタバレしますんで、シンゴジラ観てないけど気になってきたあなたは1回目みた後に、またここでお会いしましょう。

なんども言いますがAmazonプライム会員なら今無料でみれますよ(小声)

シン・ゴジラ

ぶっちゃけ、この牧悟郎博士自身がゴジラであり、庵野監督自身の投影でもありますよね。絶対そうでしょ!そうとしか考えられないですね。

ラストカットでゴジラの尻尾の先にうごめいていた人影のようなもの。あれは人類の想定をはるかに超えたスピードで自己増殖し続けるゴジラの次なる進化形態と推測されます。巷では第5形態と呼ばれていますね。

巨災対のシミュレーションで増殖・飛翔して世界中に広がるというようなことを言っていましたし、だからこそアメリカはゴジラを核兵器で攻撃しようとしていました。奴らが世界中に広がったとしたら・・・世界は火の海です。

シンゴジラが凍らなかった世界、エヴァのサードインパクト、ナウシカの火の七日間。庵野さんが携わる作品は終末を描くことが多いですが、今回、自身を投影したゴジラは凍結され、一件落着のように見えるものの、ラストシーンでまだ世界を焼き尽くす、世界を終わらせることができるぞ!と主張したように思えます。

巨神兵東京に現る → 世界は焼き尽くされた。

シンゴジラ → 世界の終わりを食い止めた。ように見える

そんなこんながあった上で『さらば、全てのエヴァンゲリオン』

全ての平行世界(庵野作品)は1本の線の上で分岐している。さて、最後のエヴァは転ぶのでしょうか?世界焼かないモードのゴジラ=庵野さんは穏便なハッピー分岐を選んでくれるんじゃなイカと私は期待します。

どちらに転んでも圧倒されるのは間違い無いですが、シンゴジラで自分の好きな【特撮モノ】向き合った庵野監督が、シンエヴァでどんな前向きなメッセージをくれるのか?楽しみで仕方がありません。

(できれば前向きなメッセージで終わって欲しいですが・・・)